ソフトのリスクやメリットを正しく理解して、快適なインターネットライフを。

今人気のファイル共有ソフトはこれ! TOP

今人気のファイル共有ソフトはこれ! TOP

経営者が冒す5つの間違いをチェック

ファイル共有ソフトとは、インターネットで不特定多数のユーザーとファイルのやり取りをするためのソフトウェアをさします。ファイル交換ソフトとも
呼ばれます。このファイル共有ソフトの仕組みは各ソフトウェアによって異なりますが、大部分がファイルの共有をクライアント同士で行うP2P型というタイプです。

全世界の一般企業にもシステム採用されているネットワーク技術であり、将来的にもポテンシャルの高いネットワークシステムです。

しかしファイル共有ソフトをターゲットにしたウイルス感染により、個人や企業・組織の機密情報や個人情報ががインターネット上に流出してしまうという事件が数多く
発生しています。徹底したセキュリティ対策と共に、安易なファイル共有ソフトの使用は危険だという認識を持つことも重要です。

健全な使用法を守れば、素晴らしいソフトもたくさんあります。このサイトでは基本用語・ウイルス対策やおすすめのファイル共有ソフトの特徴をご紹介しています。
各ソフトのリスクやメリットを正しく理解して、快適なインターネットライフが送るために、このサイトが少しでも役立てれば幸いです。


ファイル共有ソフト 用語集


ファイル共有ソフト系の専門用語を集めました。このサイト上でも専門用語が多く使用されていますので、基本用語は抑えましょう。

◇ファイヤーウォール
コンピュータへの不正アクセスから防御するシステム。Windows XP SP2や、セキュリティーソフトに内蔵済。
アクセスを防御することは、「相手からのアップロード要求」も遮断するため、共有ソフトではしばしば問題となる。

◇ノード
Winnyのネットワークに接続しているユーザーIPアドレスとポートを指す。通常は暗号化されて公開されている。

◇ハッシュ
特殊な計算式から導きだされたファイル固有のID。コンテンツが異なるとハッシュも異なる。

◇P2P
ネットワーク上で対等な関係にある端末を相互に直接接続し、データを送受信する通信方式。また、そのような方式を用いて通信を行うソフトウェアとシステムの総称。

◇ポート開放
ルータやファイヤーウォールなどを利用している際、初期設定で不必要な「ポート(データーの入口)」は閉じられているためその状態ではサービスが利用できない。
そのため、「ポート開放」を行いデータの通り道をつくる必要があること。

◇アドウェア
広告を目的とした無料ソフトウェア

◇マルウェア
ユーザーに告知を行わずに、情報の収集を行うソフトウェア

◇スパイウェア
ユーザーに関する情報収集を行い、それを情報収集者である特定の企業・団体・個人等に自動送信するソフトウェア。

◇オンラインストレージ
インターネット上で、ファイル保管用のディスクスペースを貸し出すためのサービス。無料のケースでは広告が表示される。

◇プロトコル
通信のために相互に決められている約束事の集合を指す。通信手順・通信規約とも言われる。

◇レジューム機能
PCの電源を切る直前の状態を保存し、次に電源を入れた際に電源を切る直前の状態から作業できること。

ポート開放をしてみよう!

ファイル共有ソフトを使用する際に、外部からのダウンロードを行うためにポート開放が必要になります。パソコンはネットに接続している時に、ネット上から様々な危険を受けるリスクが存在します。そのため、通常はパソコンは外部からの攻撃から守るために防御機能が働いています。ポートとはつまり外部から情報が入る入口を
さします。

ポートが開放されている状態とは、パソコンのセキュリティを緩めている状態です。しかし、ファイル共有ソフトの使用にあたってポートを開放しなければソフトが正常に作動しなくなります。ポートを開放して初めて外部からの情報を受け入れることになります。

初心者には難易度が高いと思われがちですが、各種設定方法のフローを見ながら設定を行うことが可能です。

以下のサイトで、ポート開放の設定方法を参照してください。
http://www.h7.dion.ne.jp/~minibowl/portIE.htm

【コラム】個人向けの使いやすいファイル共有サービスは?
管理人はNTTのマイポケットが使いやすいので利用しています。スマートフォン向けのアプリも充実していてとても便利です。
マイポケット | ファイル共有・データ保存・写真共有・バックアップが簡単にできるパーソナルクラウド